簡単に『メンタル』を解説すると

簡単に『メンタル』を解説すると

こんにちは!
Nino Fellows Clubの営業コンサルタント、二井野です。
初のニュース投稿です。
今日は『メンタル』のお話。
私が考える仕事、スポーツ、芸術などにおいて最重要の要素に含まれるものそれが『メンタル』です。
なぜか?というと
小・中・高・大学時代に、運動部に入られていた経験がある方、
例えば、練習試合の相手が強豪校や全国大会常連校だと試合をやる前から
萎縮してしまう、どうせ負けると考えてしまう、緊張からが実力が発揮できない。
これはメンタルが弱い状態ですね。
才能や技術が高くてもプロになれない人はメンタルが原因かもしれませんね。

長友佑都 久保建英 メンタル

逆に、
「自分が活躍して勝てば主役だ!」
「自分の練習の成果や実力を試せるチャンスだ!」
など、ワクワクして楽しめる人
これは良い感じのメンタルですね。
長友選手や岡崎選手、本田選手が代表的ですが、
体格的にも技術的にも上回る相手に対しても
全く、動じることなく、むしろポジティブに状況を楽しんで自分の力を発揮できる。
プロ、大舞台向きですね。
これが簡単な『メンタル』の解説です。
近年になるまで日本は「世界」「外国人」に対して萎縮する傾向にあったように思います。
日本の教育と環境が原因でしょう。
昨今では、最初から世界を意識して、世界に飛び出して、どんどん経験を積んで
大切な要素である『メンタル』を身につけている若い日本人が増えてきているのは
大変、誇り高く、嬉しいことですね。
久保選手もその1人です。
彼の「技術✖️メンタル」に、たくさんの経験が加われば、日本サッカー界の未来が楽しみです。
全てのスポーツや文化、芸術において日本人の元来持っている素晴らしさに
 
プラス+『メンタル』が加われば世界においてもっと素晴らしい役割を果たせるような気がします。
今日はここまで。
二井野でした。

 

 

【参照記事】

長友、レアル移籍の18歳久保のメンタル面を絶賛「あまりに整いすぎてて逆に怖い」

gooニュース
https://news.goo.ne.jp/article/hochi/sports/20190622-134-OHT1T50108