本物から考え方を学ぶ〜プロ野球 落合博満〜

本物から考え方を学ぶ〜プロ野球 落合博満〜

NinoFellows Clubの営業コンサルタント二井野です。

一流に成るには、超一流から学ぶ。

と言うことで、

歴史的プロ野球選手の落合博満さんから学ぶお話。

【プロフィール/実績】

落合博満 1953年12月9日生 秋田県出身

選手時代[ロッテ→中日→巨人→日本ハム/1979年〜1998年]
史上唯一の三冠王3回、史上初の両リーグ本塁打王、史上唯一の両リーグ打点王(他多数)

→言い出せばキリがないくらいの記録と記憶に残る名選手です。

監督時代[中日/2004年〜2011年]
就任から8期全てAクラス、リーグ優勝4回、日本シリーズ優勝1回

→監督としても超一流。リーグ優勝確率は奇跡の50%です。

現代、レジェンドという言葉が乱用されていますが、

正しくは、落合博満さんのような方がレジェンドだと思います。

落合さんの「選手が聞いてくるまで、自らは指導しない」のは有名な話。

あまり多くを語らない落合さんが考え方について語っていたのでまとめました。
【プレーヤーとして大事なこと】
「とにかく自分で考える!」
・人のマネをする
・失敗はいくらでもOK!反省して改善すればいい
・「なぜ?」を考える癖をつける
→自分で考える基礎の考え方を身につけることが大事。

【指導者として大事なこと】
・想定内の結果と行動では、褒めない。「お前はそのくらい出来るだろ」
・ミスは叱らないが手抜きは叱る
・話を伝えた後に、話の内容を反復(オウム返し)させる
・才能を見つけて、伸ばす環境を与える
→自分で考える状況や環境を提供していますね。

最後に名言

人間関係で偉くなってはダメ。実力で偉くなる。

→つまり、上司だから、先輩だからと偉そうにしてはいけない。実力と結果が伴って、やっと人に物言える立場であるということですね。

この考え方は、野球だけの話ではないですよね。

学校、仕事でも全てに通ずる共通の考え方だと思います。

尊敬します。
本日はここまで。
二井野でした。