映画「あの頃、君を追いかけた」を鑑賞して

映画「あの頃、君を追いかけた」を鑑賞して

NinoFellows Clubの営業コンサルタント二井野です!
良い青春映画と出会いました。
90年代に思春期だった方には、どハマり、あの頃の甘酸っぱさが蘇ります
『あの頃、君を追いかけた』2011年/台湾
「那些年,我們一起追的女孩」原題
思春期の10代から大人と子供の過渡期の20代にかけての男女の青春恋愛ドラマ。
バカで幼稚な男子たちが才色兼備のクラスのマドンナに夢中に。
呆れるほど、バカで、単純で、不器用な男子たちが逆に可愛らしく、
精神的に先に大人になっていく女子のモドカシイ女心もキュンとする甘酸っぱい作品。
2018年に日本でもリメイクされているみたいですね。
【作品の見所&オススメ】
☆1990年代に学生”青春”時代を過ごした人にはかなりオススメ!特にやんちゃだった方。
 
☆マドンナ役のミシェル・チェンがめちゃくちゃ可愛い!笑顔のエクボ最高😍 
 
☆日本の文化が頻繁に出て来て、とても親近感を感じる。
 
☆高校生時代の淡い・切ない・恋心が蘇ります!心が17歳になります。
 
☆ラスト、映画を観終わった後の「弾けて、砕けた青春感」。心も身体も17歳です。
このトキメキ感が忘れられず、立て続けに「君の膵臓をたべたい」を観てます(笑)
青春最高だなー‼︎
本日はここまで。
二井野でした。